御器谷法律事務所

民事介入暴力

1. 民事介入暴力とは、
 民事介入暴力とは、暴力団をはじめとする反社会的勢力が、一般企業等に対して暴力や威力、詐欺的な手段によって不当な要求を行い、金品を得ようとする行為のことを言います。
 機関紙等を高額で購入するよう迫る行為や、商品の欠陥によって被害を受けたなどと因縁をつけて金品を要求する行為、飲食店にみかじめ料を要求する行為、街宣車の威力を利用して金品を要求する行為等が典型的な手口と言えます。

2. 民事介入暴力対策の必要性とその意義
 反社会的勢力を社会から排除することは、単に社会の治安の問題に止まらず、企業の社会的責任(CSR)としての観点やコンプライアンスの観点からも非常に重要です。
 例えば、反社会的勢力への金銭の提供の仕方によっては法律に抵触し、逆に企業の代表者や役員が刑事処分の対象となるおそれもあります。また、当該資金提供によって会社が損害を被ったとして株主代表訴訟によって役員個人に対して巨額の損害賠償を求められることもあり得ます。
 更に、反社会的勢力に資金提供をしてしまうと、それはいずれ世間に明らかとなりますので、企業はその信用・信頼を失墜し、大きなダメージを受けることとなってしまいます。
 反社会的勢力の圧力に屈することなく法律に則って毅然と対応することが、コンプライアンスの上でも非常に重要です。
 また、反社会的勢力は、従業員を標的として不当要求を行ったり、会社の乗っ取りを狙うこともあり、最終的には従業員や株主等も含めた、企業そのものに重大な被害を生じさせます。反社会的勢力との関係の遮断は、企業防衛と言う面からも不可欠なものです。

3. 平素からの対応
 反社会的勢力からの不当要求に適切に対応するためには、平素からその体制を整えておく必要があります。不当要求を受けた場合の対応部署を整備し、研修活動や対応マニュアルの整備、警察や弁護士等の外部専門機関との連携を整えておくことが必要です。
 また、反社会的勢力からの被害を予防するために、契約書や約款に暴力団を排除する条項を入れておくことや、取引相手が暴力団ではないか、情報を収集・管理し、注意を払っておくことが重要です。
 反社会的勢力への対応は、代表者以下会社組織全体で取り組むことが必要となります。

4. 不当要求への対応
 反社会的勢力に対応する時は、必要以上に相手を恐れることなく、毅然とした態度で法律に則った解決をしなければなりません。水面下での解決を図ると、相手からの要求は更にエスカレートしていきます。
 具体的には、以下のような対応の方法を採ることが必要です。
  • 自社内の施設等有利な場所で応対する
  • 複数で、冷静に応対する
  • 相手の用件・要求を明らかにするよう求める
  • 用件に見合った応対時間をあらかじめ通告し、時間となったら応対を打ち切る
  • 絶対に妥協せずに、一貫して不当要求を拒否する
  • 応対内容を記録する(録音、録画、メモ等)
 不当要求を受けた場合には、速やかにその情報を対応部署へ報告し、更に担当役員まで報告して、会社組織として対応することが必要です。
 そして、警察や弁護士等の外部専門機関に速やかに相談することが重要です。

 この民事介入暴力につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい
企業法務の法律相談へ

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ