御器谷法律事務所

世界の裁判所と名所

マドリッド
 マドリッドは、スペインの首都、人口約500万人。
 スペイン広場には、セルバンテスの像、その手前にはドン・キホーテとサンチョ・パンサの像があります。

 プラド美術館は、世界の三大美術館の一つと言われ、ゴヤの裸のマハ、ベラスケスのラス・メニーナス、デューラーのアダムとイブ、エル・グレコ、ラファエロ、フラ・アンジェリコ、レンブラント等を鑑賞することができます。

 王宮は、現在の建物としては1700年代にフェリペ5世の命により再建され、カルロス3世やアルフォンソ12世等が居住していたとされています。

 スペインのTribunal Supremo(最高裁判所)は、マドリッドの官庁街の中心であるコロン広場のすぐ近くにあります。

 スペインの裁判制度については、三審制を採用しており、第一審の民事、刑事の裁判所があり、その上級審として管区、県高等裁判所があり、それらの上級裁判所としてTribunal Supremo(最高裁判所)があります。また、憲法裁判所は、これらの裁判所とは別手続の裁判所として存します。

 スペインの料理では、生ハム(ハモン・セラーノ)、オリーブ、ニンニク等が有名で、大きなスーパー・マーケットには様々な生ハムの販売コーナーがあります。生ハムの中でもハモン・イベリコは最高級とされており、スペインでもかなり高価です。また、パエリアも豊富な具材があり、気軽に楽しめます。


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ