御器谷法律事務所

離婚の法律相談

13. 離婚後、子の戸籍や氏はどうなるか?
Q13. 離婚後、子の戸籍や氏はどうなりますか?

A. 回答
婚姻によって氏を変更した親は、離婚によって原則的には婚姻前の氏に戻ることになりますが、子の氏は変更されません。つまり、親の離婚後も婚姻中の戸籍筆頭者の戸籍に残っていることになります。
そして、例えば、父母が離婚して母が婚姻前の氏に戻ったときに、子が母の氏を称してその戸籍に移りたいと思った場合には、子本人または親権者(子が15歳未満のとき)が子の住所地の家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立をすることになります。この手続はそれ程難しくなく、東京家庭裁判所では、本人(親権者)が申立時に裁判所に出頭すれば、即日、許可書を交付してくれる場合が多いようです。添付書類や手数料、書式等については各地の家庭裁判所に事前に問い合わせると良いでしょう。そして、その後の戸籍の届出は、許可書を添付して入籍届を提出すればよいです。
また、上記の手続によって氏を改めた未成年の子でも、もし、成人に達してから従前の氏に戻りたいと思うのであれば、成人に達した時から1年以内に届出をすれば、従前の氏に戻ることができます。

 この離婚の法律相談につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ