御器谷法律事務所

遺産分割Q&A

Q05.相続人の間で遺産分割の話し合いがまとまらなかったときはどうしたらいいのでしょうか?
−遺産分割調停−

A. 回答

 この場合、家庭裁判所の遺産分割調停の手続を利用することが可能です。
 なお、法律上は、家事審判の申立てをすることも可能ですが、実務上は、遺産分割調停が先行する運用が為されています。
 共同相続人等は、相手方となる共同相続人等の住所地などに調停を申し立てることが可能です。申立ての書式は、通常、各地の家庭裁判所に備え付けのものがありますし、東京などではファックスサービスを利用できるところもあります。

《手続の流れ》申立て→受理→調停期日→ 調停成立
調停不成立
調停取下げ
調停拒否

 調停手続の流れは、概ね以上のようになっています。
 調停は、裁判所によって任命された家事調停委員と家事審判官(裁判官)によって、非公開の場で行われます。

 調停委員は、両当事者から通常、個別に事情を聞いた上、双方に対し、譲歩を求めながら当事者間の合意による解決を目指します。
 両者間で合意が成立し、調停委員会がその合意内容につき相当と認めた場合には、法的強制力を有する調停調書が作成されることになります。
 一方、調停が不調に終わった場合には、次の審判手続に移行することになります。

 この遺産分割につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ