御器谷法律事務所

1. 定時株主総会のシナリオ(一例)

(株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律が規定する大会社の場合)

1. 議長就任宣言(午前10時)
 議 長: (議長席に移動し、出席株主に一礼する)
おはようございます。社長の○○でございます。
本日は、ご多忙のところを本総会にご出席賜り、誠にありがとうございます。

私が、当社定款第○条の定めにより本総会の議長をつとめさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。
2. 開会宣言
 議 長: ただ今より、株式会社○○の第○回定時株主総会を開会いたします。
本日の総会の目的事項は、お手許の招集ご通知に記載のとおりです。
3. 議事事進行上の諸注意
 議 長: なお、議事の秩序を保つため、株主様のご質問及びご発言につきましては、監査役の監査報告、営業報告書、貸借対照表及び損益計算書の報告、決議事項の議案の内容説明が終了した後に、私の指示に従ってなされますようお願いいたします。
4. 株主数・議決権の個数等の発表
 議 長: それでは、本日のご出席株主数及びその議決権数をご報告いたします。
本総会におきまして議決権を有する株主数は○○名、その議決権数は、○○個でございます。本総会におきまして議決権を行使されます株主数の合計は、議決権行使書をご提出頂いた方を含め○○名、その議決権数は○○個でございます。 
従いまして、本総会の全議案を決議するのに必要な定足数を満たしております。
5. 報告事項
 議 長: それでは、まず、監査役から監査報告をお願いいたします。
監査役、どうぞ。
 監査役: 常勤監査役の○○でございます。

監査役会を代表してご報告申し上げます。
当監査役会は、第○期営業年度における取締役の業務執行全般につきまして監査を行って参りましたが、会計に関する会計監査人の監査方法及び結果は相当であり、会計以外の業務につきましても、法令・定款に適合しており、不当な事実はございません。
また、本総会提出の議案及び書類に関しましても、法令・定款に違反する事項及び不当な事項はございません。 以上、御報告申し上げます。
 議 長: では、平成○年4月1日から平成○年3月31日までの当社第○期営業報告書、貸借対照表及び損益計算書の内容につき御報告致します。お手許の「第○期営業報告書」をご覧下さい(以下朗読)
6. 決議事項(一括上程方式)           (※個別上程方式の場合)
 議 長 決議事項につきましては、お手許の招集ご通知記載のとおりであります。第 1号議案は、期末における株主配当金につきまして 1株につき○円とすることをお諮りするものであります。次に、第 2号議案として、…(以下省略)
7. 口頭質問、審議にあたっての注意
 議 長: それでは、ここで、報告事項のほか招集ご通知記載の各決議事項につき、株主の皆様のご質問、ご発言を頂戴し、その後、決議事項につき採決のみさせていただきたいと存じますが、ご異議ございませんか。
 株 主: 「異議なし」「議事進行」(拍手)
 議 長: ありがとうございます。過半数のご賛同を得ましたので、この方法で進めさせていただきます。

ご質問につきましては、挙手の上、私による指名を受けた方に限り、お名前、受付票番号をお申し出になり、簡潔に要点を絞ってお願いいたします。なお、具体性に欠ける質問、会議の目的と関係ない質問、説明することにより株主共同の利益を著しく害する質問、お手元の書類に既に記載のある質問、会社の会計帳簿等を見なければお答できない詳細な事項についての質問等につきましては、誠に恐縮ながらお答え致しかねますのでご了解の程お願い申し上げます。
それでは、ご質問のある方はどうぞお願いいたします。
 株 主: (挙手)
 議 長: そちらの株主様、ご質問をどうぞ。
 株 主: 124番の○○です。今期の配当につき、質問します。
(以下質疑応答が続く)
 議 長: 報告事項及び決議事項に関し、十分審議を尽くしましたので、これをもちまして質問及び審議をうち切り、各議案の採決に移らせて頂きたいと存じますが、ご異議ございませんか。
 株 主: 了解(拍手)
 議 長: 過半数のご賛同を頂きましたので、これをもって質問及び審議をうち切り、各議案の採決に移らせて頂きます。
8. 採決
 議 長: では、第 1号議案「第○期利益処分案承認の件」の採決を致します。
原案に、ご異議ございませんか。
 株 主: 「了解」「異議なし」(拍手)
 議 長: ありがとうございました。すでに頂いております議決権行使書を含め、賛成過半数と認めます。よって本議案は原案どおり承認可決されました。
 議 長: では、第 2号議案「定款一部変更の件」の採決を致します。
原案に、ご異議ございませんか。
 株 主: 「了解」「異議なし」(拍手)
 議 長: ありがとうございました。すでに頂いております議決権行使書を含め、3分の 2以上のご賛同を得ましたので、本議案は原案どおり承認可決されました。

(以下第 3号議案以降が続く)
9. 全審議終了宣言、閉会宣言
 議 長: 以上を持ちまして、本日の会議の目的事項は全て終了しました。
第○回定時株主総会は、これをもちまして閉会と致します。
本日はご多忙のところ、熱心にご審議いただき、誠に有難うございました。厚く御礼申し上げます(一礼)
 株 主: (拍手)
 議 長: この機会に、新たに選任されました役員をご紹介いたします。
取締役○○君です。(以下同様)
 株 主: (拍手)
 議 長: これをもって散会と致します。
本日は誠に有難うございました(一礼)

個別上程方式の場合は、以下のような流れとなります。
 議 長: 決議事項につきましては、お手許の招集ご通知記載のとおりであります。
第1号議案は、期末における株主配当金につきまして、1株につき○円とすることをお諮りするものであります。今期の株主配当金につきましては、昨今の国際情勢に伴い、・・・。
それでは、ここで、第1号議案につき、株主の皆様のご質問ご発言を頂戴いたしたく存じます。
ご質問につきましては、挙手の上、私による指名を受けた方に限り、お名前、受付票番号をお申し出になり、簡潔に要点を絞ってお願いいたします。なお、具体性に欠ける質問、会議の目的と関係ない質問、説明することにより株主共同の利益を著しく害する質問、お手元の書類に既に記載のある質問、会社の会計帳簿等を見なければお答できない詳細な事項についての質問等につきましては、誠に恐縮ながらお答え致しかねますのでご了解の程お願い申し上げます。
それでは、ご質問のある方はどうぞお願いいたします。
 株 主: (挙手)
 議 長: そちらの株主様、ご質問をどうぞ。
 株 主: 124番の○○です。今期の配当につき、質問します。
・・・(以下、質疑応答が続く)
 議 長: 第1号議案に関し、十分審議を尽くしましたので、これをもちまして質問及び審議をうち切り、議案の採決に移らせて頂きたいと存じますが、ご異議ございませんか。
 株 主: 「了解」「異議なし」(拍手)
 議 長: では、第 1号議案「第○期利益処分案承認の件」の採決を致します。
原案に、ご異議ございませんか。
 株 主: 「了解」「異議なし」(拍手)
 議 長: ありがとうございました。すでに頂いております議決権行使書を含め、3分の 2以上のご賛同を得ましたので、本議案は原案どおり承認可決されました。
(以下、第2号議案以降が続く)

注意:本シナリオは、株主総会のごく一般的な一例をあくまでも参考として記載したものであり、現実の株主総会の進行とは相違することがあり、また、商法の改正等により内容の変更を必要とすること等があります。

株式会社の最高の意思決定機関である株主総会。この株主総会が正常に運営されるよう次の諸問題につき検討してみました。以下は、必ずしも明確な回答が出ている問題ではありませんが、一応検討結果を記載してみましたので、ご参考にしてください。

企業法務の法律相談へ

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ