御器谷法律事務所

<フォト日記>

3月: いわき


いわき市は、仙台と東京の中間点に位置し、市としては全国で第一位の面積を有しており、その広さはシンガポールの約 2倍もあります。また、人口も36万人を超えております。いわき市へ行くには、上野からスーパーひたちで 2時間20分ほどで到着します。いわきのキャッチフレーズはサンシャインいわきです。


福島地方裁判所には支部が5つあり、いわき支部はそのうちの一つです。裁判所は、いわき駅を出て右に進み、10分ほど歩いた市内を望む丘の上に位置しております。裁判所の窓からは遠く太平洋もかすかに望めます。


今回の裁判は、依頼者が商品を売却した取引先が突然破産したので、その取引先から当該商品を買った会社(第三債務者といいます)の取引先に支払うべき金額を動産売買の先取特権に基づく物上代位により差し押さえるというものです。
第三債務者から当該商品の代金が支払われてしまっては手遅れになりますので、緊急を要します。
そこで、依頼された翌日に書類を揃え、その日の夜行でいわきに入り、翌日朝一番で裁判所に書類を提出しました。
裁判官とも面接し、当日の午前中には債権差押決定が裁判所から下されました。成功裡に終わり、裁判所から市内に戻る道すがらほっと一息つきました。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ