御器谷法律事務所

<フォト日記>

11月: 岡 山

岡山市は、人口60数万人。江戸時代には池田藩の城下町として栄えました。
後楽園は、兼六園、偕楽園とともに日本三名園のひとつ、岡山藩主池田綱政が貞享3年(1687年)から元禄13年(1700年)にかけて作庭。


岡山城は、慶長2年(1597年)宇喜田秀家により築城され、烏城(うじょう)とも呼ばれています。藩主は、その後小早川秀秋、池田家へとうけ継がれています。昭和41年に再建され城内のアミューズメントが充実しています。


岡山地方、家庭裁判所は、岡山駅から徒歩で約15分。入口玄関の屋根に特徴があります。


瀬戸大橋は、1988年に総工費約1兆1000億円をかけて完成した道路、鉄道併用の橋。本州の児島と四国の坂出を結ぶ全長12.3kmの橋、6つの橋から成っており、鷲羽山第二展望台からその全容を眺めることができます。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ