御器谷法律事務所

<フォト日記>

12月: 高 松


香川県高松市は、四国の中枢都市、羽田から空路約 1時間で高松空港に着きます。人口約30数万人、江戸時代は高松藩の城下町。栗林(りつりん)公園は、当地の豪族佐藤氏に始まり、寛永年間(1625年頃)高松藩主生駒高俊により造園され、その後松平頼重に引きつがれたとされています。


玉藻(たまも)公園は、高松城跡の公園。高松城は、天正16年(1588年)から生駒親正が築城した水城で、海水を堀に引き込んでいます。天守閣跡には旧玉藻廟が残されています。


高松高等、地方裁判所は、高松市丸の内 1番36号。玉藻公園のすぐ南側、高松駅から徒歩10分位。やはり、裁判所はお城の近くにありました。裁判所の隣には法務合同庁舎があり、検察庁もあります。


讃岐うどんは、弘法大師が唐からその技法を持ち帰ったことが始まりと伝えられ、高松市内だけでも約600軒のうどん屋さんがあるとも言われています。安くてうまいうどんの店はタクシーの運転手が教えてくれます。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ