御器谷法律事務所

<フォト日記>

6月: 津
津城跡

津市は、三重県の県庁所在地、人口は約16万人。江戸時代には藤堂家32万石の城下町として発展。現在は津城跡には堀や櫓が残り、戦国武将で有名な藤堂高虎の像を見ることもできます。


津偕楽公園は、津11代藩主藤堂高猷が別荘を建てた場所であり、津の駅から歩いて10分位のところにあります。


津観音、朱ぬりの五重の塔があざやかです。


津地方、家庭、簡易裁判所は、駅からはタクシーで約15分位、津城跡のすぐ近くにあります。津ではかつてマンションの建設にからんで近隣住民から反対運動がおこり、話し合い交渉のために何度も現地を訪れたことがありました。


津地方検察庁は、裁判所のすぐ隣りにあり、法務合同庁舎の中にあります。


千寿(せんじゅ)は、天むす発祥のお店。作りおきはしないとのことで、注文するとすぐ作ってもらえます。だるまえびの天ぷらを中に入れた小ぶりのおむすびで、とても美味しく、東京で食べるものとは別物という感じがしました。


津市へは、東京駅から新幹線で名古屋に行き、そこから近鉄特急で津へ、約3時間弱で着きます。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ