御器谷法律事務所

<フォト日記>

7月: 和歌山

和歌山市は、和歌山県の県庁所在地、人口約40万人。江戸時代には徳川御三家紀州藩55万5000石の城下町。


和歌山城は、天正13年(1585年)豊臣秀吉が藤堂高虎に命じて築城、その後徳川家康の10子頼宣が入城。天守閣は戦後の復元。天守閣からは市内や紀ノ川を一望できます。


裁判所のすぐ脇には、雨にぬれた紫陽花が。


和歌山地方裁判所は、城のお堀に面した堀端通りにあります。かつて借地の地代をめぐる訴訟のため1年間通い、結局和解で解決したことがありました。


和歌山地方検察庁は、裁判所の隣にあります。


紀州加太町のほとりでとれたチャリ子を使った「小鯛雀寿し」は、何もつけずにそのまま食します。味わいの深さを感じさせます。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ