御器谷法律事務所

相続Q&A

Q3.「相続分のない証明書」とは何?
先日、母が亡くなり、兄から「相続分なきことの証明書」という書類が送付されてきました。相続登記をするので署名捺印してほしいということですが、どのような意味の書類なのか教えてください。

A. 回答
 「相続分のないことの証明書」とは、例えば、相続人のうちの1人に不動産を取得させる場合に、登記実務において他の相続人が署名捺印し、印鑑証明書を添付して申請すれば登記が出来ることになる書面です。
 これは、相続放棄と事実上同様の効果を目的とするものです。相続放棄をするには、期間制限もあり、家庭裁判所への放棄の申述という手続きが必要となりますし、遺産分割協議書でも同様の目的を達成することが可能ですが、手続きが面倒ですので、登記実務においては、簡易迅速な方法としてこの書面が使用されるのです。
 しかし、実際に贈与を受けていないのに受けたとするのですから、後になって相続人間のトラブルの原因にもなりますし、税務署から贈与税を納税せよと言われることもないとは言えません。
さらに、正式な相続放棄の手続きはしていないので、その後、被相続人の債権者から取り立てを受ける場合もあります。
 従って、この書類は問題点が多いので安易に署名捺印することは避けるべきでしょう。
相続人全員で十分に話し合い、遺産分割の協議をし、遺産分割協議書を作成することが適切と考えられます。こうすることによって、後のトラブルを避けることになるのです。

証  明  書
 私は、被相続人からすでに相続分に等しい贈与を受けているので、被相続人の死亡による相続については、その受けるべき相続分のないことを証明します。
平成○○年○○月○○日
被相続人 甲 野 太 郎
上記相続人 乙   野   花   子 印

 この相続につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ